MENU

借金整理

カードローンの債務整理というと、人によっては自己破産しか頭に思い浮かばない人も少なくありません。しかし、他にも任意整理、個人再生、そして過払い金返還請求もあります。つまり、債務整理には上記の四つの方法がありますので、まずはどれが自分に最適な方法なのかを検討するところから始めるべきです。
そのためには四つの方法の特徴をよく理解して、それぞれのメリットとデメリットを把握することが肝心です。そうした理解や把握は、知らない人には面倒に感じるかもしれません。しかし、債務整理はネット検索などでも手軽に調べられます。落ち着いて調べれば、さほど難しいことではありません。
それでもよく分からない場合は、行政の無料相談窓口を利用したりするのも一案です。また、ネット上にもカードローンの債務整理の無料相談を受け付けている弁護士事務所などのサイトがありますので、それらを活用しましょう。とにかく、自分一人で抱え込んで苦しんでいても埒が明きません。一日でも早く相談すべきです。

借金整理記事一覧

任意整理は債務整理のうちのひとつの方法で、専門家に相談し裁判所を通さず借金を減額してもらうことをいいます。自己破産と違い借金自体が消滅するわけではないので、任意整理の手続きをとった後にはまだ借金が残っています。無収入の専業主婦の場合残った借金を返済していけるのか、相談の上よく考えなくてはいけません。本人は金融機関のブラックリスト入りしてしまいますが、あまり支障はないでしょう。気になる家族への影響で...

借金が返済できなくなったとき、債務者を法的に救済する制度を債務整理といいます。債務整理には、任意整理、自己破産、民事再生があります。いずれの場合も過払い金が発生している場合には、過払い分の返還を請求することができます。債務整理のうち自己破産は、借金を帳消しにする制度で、任意整理や民事再生は借金を減額して将来にわたり分割弁済していく制度です。債務整理の手続きは自分でするより、弁護士や司法書士といった...

過払い金とは、利息制限法の上限金利以上の金利を支払っていた場合に発生します。現在では利息制限法の上限を超える金利を課している消費者金融は存在しませんが、以前は多くの消費者金融が上限を超える金利を消費者に課していました。過払い金は取り戻すことが出来ます。払い過ぎた利子を引き戻し計算して、本来支払うべき利子との差額を消費者金融に請求することが可能です。この手続きは既に完済してしまっている場合でも、現在...

キャッシングによる借金返済が困難になった場合、債務整理により借金を法的に減らしたり、ゼロにしたりすることができます。借金返済が不可能な場合には、自己破産を選択することになります。キャッシング額の多寡は問いません。その人にとって返済不能であれば、自己破産することができます。しかし、自己破産は借金をゼロにすることができますが、その分、副作用も大きいので安易な利用は慎むべきです。たとえば、自己破産により...

銀行や消費者金融によるカードローンの返済ができなくなった、またはクレジットカードで無計画に買い物を続けた結果、カードの支払いができなくなるといった、いわゆるカード破産の場合、自己破産によって借金額をゼロにすることができます。自己破産とは、債務整理のうちの1つで、裁判所を介して借金を免除する手続きのことをいいます。手続きはカード破産者自らすることもできますが、弁護士に依頼するのが一般的です。裁判所に...

このページの先頭へ